リコー、全電力を再生可能エネルギーに――日本企業で初めて「RE100」に参加

リコー、全電力を再生可能エネルギーに――日本企業で初めて「RE100」に参加 リコーは2050年までに自社の工場やオフィスで使う電力をすべて再生可能エネルギーで自給し、温室効果ガスの排出をゼロにする計画を策定した。日本企業としては初めて、「RE 100」に参加し、温室効果ガスの削減に世界の主要企業とともに取り組む。
RE 100は国際環境NGOのThe Climate Groupが2014年に開始した運動で、加盟するには事業運営を100%再生可能エネルギーで行うことを宣言しなければならない。加盟企業としては米ゼネラルモーターズ、BMWグループ、フィリップス、ネスレ、ウォルマート、バンク・オブ・アメリカ、グーグルなど100社以上が名を連ねている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA