三菱自動車、さいたま市と電気自動車普及で協定・電気自動車10台納車

saitama.jpg 三菱自動車は1月26日、さいたま市が進める電気自動車普及事業、「E-KIZUNA Project」を共同で推進していくことで合意、さいたま市に防犯パトロールカーとして新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を10台納車した。三菱自動車が納車したアイ・ミーブ10台は、さいたま市の全区に「青色防犯パトロールカー」として使用される。

 三菱自動車ではさいたま市との本合意に基づき、今後以下の項目について検討・協業していく。

1.重点連携項目
 EVに関連する新しいビジネスモデルの検討
 ・EVによって生み出される新しいビジネス
 ・自動車が使用されている既存ビジネスでのEVの活用

2.連携項目
(1) 充電セーフティネットの構築
 ・誰でも使える充電設備を市内に整備
 ・ITS(ナビ等の車載機器など)を活用した情報収集の検討
 ・充電設備の改善等に関する検討

(2) 需要創出とインセンティブの付与
 ・タクシーや営業車両へのEV導入促進
 ・EVを活用したカーシェアリング推進の検討
 ・公用車のEV化

(3) 地域密着型の啓発活動
 ・EV試乗会の開催
 ・パンフレット等啓発物の作成・配付
 ・小中学校でのEV教室

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA