トヨタ自動車、ハイブリッド車の累計販売台数が200万台を突破

puriusu904.jpg トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、ハイブリッド車の累計販売台数が、本年8月末までに、国内外で約201万7千台となり、200万台を突破したと発表した。(トヨタ調べ)
 トヨタは、1997年8月に国内でコースターハイブリッドEVを発売。1997年12月には世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売し、2000年からは、北米や欧州など海外でも販売した。2003年には、2代目「プリウス」を発売し、その後もミニバン、SUV、さらにはFRセダンなど搭載車種を拡大。2007年5月末には、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破した。

 本年については、4月以降「RX450h」、3代目「プリウス」(写真)、レクサス初のハイブリッド専用車「HS250h」を発売。現在、トヨタでは10車種のハイブリッド乗用車を約50の国・地域で販売しており、加えて国内では3車種のハイブリッド商用車も販売している。今後も更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく。
 なお、本年8月末までに国内外で販売したハイブリッド車※1のCO2排出量※2は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約1100万トンの排出抑制効果があったとトヨタでは試算しており、地球温暖化の原因のひとつとされるCO2の削減に大きく寄与したと考えている。
 トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、ハイブリッドシステムの普及に取り組んできたが、今後も2010年代のできるだけ早い時期にまでに年間100万台販売の達成を目指すとともに、2020年代のできるだけ早い時期にハイブリッド技術を全モデルへ展開するなど、更なる普及に努める方針である。
 
  ※1 コースターハイブリッドEV、ダイナハイブリッド、トヨエースハイブリッド、クイックデリバリー200を除く
  ※2 市場走行台数×走行距離×燃費(各国実走行燃費)×CO2換算係数

◎詳細は同社ホームページ参照
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/09/09/nt09_0901.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA