東芝、住宅用太陽光発電システム事業に参入・2012年度に国内シェア10%

toshibataiyo.jpg 東芝は1日、住宅用太陽光発電システム事業に参入すると発表した。4月1日からシステムの販売を開始し、2012年度の国内シェア10%を目指すとしている。

 東芝の発売する太陽光発電システムは、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、カラー表示器などから構成されるが、太陽電池モジュールに世界最高水準のセル変換効率21.5%を実現した米サンパワー社(カリフォルニア州)製を採用した。また、パワーコンディショナとの組み合わせで、総合発電効率15.9%と世界最高水準の高効率システムを実現できるという。単位面積あたりの発電量が多いため、省スペース化、軽量化でき、限られた屋根のスペースに設置できるという。

 今回の太陽光発電システム事業には電力・産業用太陽光発電システムで蓄積したシステム技術など、固有の優れた技術力や総合力を生かす。事業に関わる人員は、事業開始当初は約30人体制だが、2012年度には80人規模まで増強する。また、施工業者の教育のため、当社工場内に「住宅用太陽光発電システム施工研修センター」を新設し、2010年度中に約3,000人の研修を行う予定という。

▽同社発表の事業の詳細は下記の通り
<参入の背景と狙い>
 日本国内の住宅用太陽光発電システムは、地球温暖化防止の環境意識の高まりや国・地方自治体による補助金制度、電力会社による余剰電力買取制度などにより普及が進んでいます。住宅向の市場規模は2008年度の1,400億円から2015年度に6,000億円になることが予想され、今後も市場が拡大することが見込まれています。
 このような市場環境の中、当社グループは家庭向けにオール電化機器やLED照明、低消費電力のデジタルプロダクツなどの製品を販売しており、住宅用太陽光発電システム事業に参入することにより、家庭内での省エネ製品のラインナップを強化します。
 また、当社は次世代電力網であるスマートグリッド事業を推進していますが、住宅用太陽光発電システムはスマートグリッドの中の重要な分散電源の一つであり、今回の参入により、同事業の強化を図ります。
当社は二次電池「SCiB」やスマートメーターなどの事業も展開しており、将来的にはこれらの製品と組み合わせ、当社の総合力を生かした太陽光発電システムの販売も検討していきます。

<今回発売するシステムの概要>
・製品名          太陽電池モジュール
 型式            SPR-210N-WHT-J
 希望小売価格(税込) 147,000円
 発売日          4月1日

・製品名          パワーコンディショナ
 型式            TPV-PCS0400A(4.0kW)
 希望小売価格(税込) 304,500円
 発売日          4月1日

・製品名          パワーコンディショナ
 型式            TPV-PCS0550A(5.5kW)
 希望小売価格(税込) 420,000円
 発売日          4月1日

・製品名          カラー表示器
 型式            TPV-CM001A-CM(カラー表示ユニット)
 希望小売価格(税込) 99,750円
 発売日          4月1日

・製品名          カラー表示器
 型式            TPV-CM001A-SU(計測ユニット)
 希望小売価格(税込) 99,750円
 発売日          4月1日

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA