富士ゼロックス子会社、電動自転車導入でCO2を335トン削減

富士ゼロックス100%出資の販売子会社、富士ゼロックス東京(東京・新宿区、池田 裕一氏)はデジタル複合機、プリンターなどの保守・管理のためにエンジニアが移動する手段として、2006年4月から電動アシスト自転車を順次導入してきたが、2009年末までにCO2の排出量を約335トン(東京ドーム約130杯分相当)を削減したと発表した。

 電動アシスト自転車に切り替えたのは千代田区、港区、新宿区など都内の中心部でm直径2キロ以内の得意先を担当するエンジニアの移動手段バイクから電動アシスト自転車にした。現在は約550台に増えているという。また修理などの依頼を受けてから得意先に到着するまでの時間も平均10分前後短縮されたという。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA