三菱自動車、「 社会・環境報告書2009」を発行

mitubishikankyo.jpg 三菱自動車は、2008年度の社会および環境への取り組み実績をまとめた「三菱自動車 社会・環境報告書2009」を発行した。同社では1999年から「環境報告書」を毎年発行してきたが、2005年からは社会活動に関する記載をさらに充実させて名称を「社会・環境報告書」に改めており、今号で11号目となる。
  三菱自動車は、低炭素社会の早期実現に向けた、グループ全体での環境に関する中長期的な取り組み方針「三菱自動車グループ 環境ビジョン2020」を策定し、本年6月に公表した。これについて、今回の報告書では、巻頭で環境担当役員からのメッセージとともに説明した。

 前半の特集ページでは、同社の重点取り組みである「環境への貢献」「お客様に喜ばれるクルマづくり」「社会への貢献」をとり上げ、具体的な活動事例などについて、読みやすく、わかりやすく紹介した。
(1) 環境への貢献 “街を走り始めたi-MiEV”
本年7月から市場投入を開始した新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』に関して、担当者からのメッセージや、これからの展望などを掲載。

(2) お客様に喜ばれるクルマづくり “クルマがもたらす歓びと幸せをすべての人に届けたい”
福祉車両「ハーティーラン」シリーズや、女性ならではの視点を活かしたクルマづくり、安心・安全の追求などの取り組みを、各担当者やお客様からの声とともに紹介。

(3) 社会への貢献 “企業市民の一人として”
同社の社会貢献活動の主要テーマである「次世代育成」「交通安全」「環境保全」「地域活動」の取り組み事例を掲載。

報告書の後半では、「CSR*1への取り組み」「社会への取り組み」「環境への取り組み」の3部構成で、同社の事業活動に伴う社会/環境への様々な取り組みについて、写真・図表・データ等を活用して網羅的かつ詳細に報告した。今回は新たに、国内の主要拠点(名古屋製作所、水島製作所、パワートレイン製作所、パジェロ製造株式会社)における独自の取り組み(地域コミュニケーション、環境活動)などを掲載した。
*1 Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任

「三菱自動車 社会・環境報告書2009」は、同社ホームページ*2からPDFファイルの閲覧・ダウンロードが可能であり、希望者には無償配布も行っている(なお、報告書の概要の英訳版も、9月下旬にホームページ上で公開する予定)。
*2 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/social/report/index.html
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA