マツダ、水素が燃料の水素ロータリーエンジン車「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」を広島県、広島市に

mazda917.jpg マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、ハイブリッドシステムを搭載し、水素を燃料として走行する水素ロータリーエンジン車『マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を、広島県および広島市に1台ずつ納入しました。2009年5月に岩谷産業株式会社へ第1号車を納入して以来、同車種の累計リース販売台数は3台になりました。また、広島県および広島市へは、2006年4月にも水素ロータリーエンジン車『RX-8 ハイドロジェンRE』をリース販売しており、今回の納入が2車種目となります。

 『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』は、従来の『マツダ RX-8 ハイドロジェンRE』で開発した水素とガソリンの両方を燃料に使えるデュアルフューエルシステムに加え、ハイブリッドシステムを採用することにより大幅に走行性能を向上させ、水素での航続距離も2倍の200kmを実現しています。

 開発担当主査の柏木 章宏(かしわぎ あきひろ)は、「これまで『RX-8 ハイドロジェンRE』をご愛用いただいていた広島県殿、広島市殿に、地元企業として新たな水素ロータリーエンジン車を納入できたことを大変嬉しく思います。今後も水素ロータリーエンジン車のさらなる改善を進め、水素エネルギー社会の実現に貢献していきたいと思います」と語りました。

 マツダはこれからも『サステイナブル”Zoom-Zoom”宣言』に基づき、走る歓びと環境・安全性能が調和した、進化する”Zoom-Zoom”の世界を追求し、『見て乗りたくなる、乗って楽しくなる、そしてまた乗りたくなる』クルマづくりを目指していきます。

『マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』の主要諸元は以下の通りです。

・ベース車両 マツダ プレマシー
・全長 4,565mm
・全幅 1,745mm
・全高 1,620mm
・ベースエンジン   マツダ 水素ロータリーエンジン(デュアルフューエルシステム付)
・モーター 交流同期電動機
・最高出力 110kW
・ジェネレーター 交流同期電動機
・バッテリー リチウムイオン
・乗車定員 5名
・使用燃料 水素およびガソリン
・燃料タンク 35MPa高圧水素ガスタンクおよびガソリンタンク

<ご参考>マツダの水素自動車開発の歩み

1991年   水素ロータリーエンジン第1号車『HR-X』を開発
1992年 燃料電池搭載ゴルフカートの実験走行
1993年 水素ロータリーエンジン『HR-X2』を開発
水素ロータリーエンジン搭載のロードスター実験車を開発
1995年 水素ロータリーエンジン搭載のカペラカーゴで、日本初の公道試験走行を実施
1997年 燃料電池車『デミオ FC-EV』を開発
2001年 燃料電池車『プレマシー FC-EV』を開発、日本初の公道試験走行を実施
2003年 RX-8 水素ロータリーエンジン開発車を発表
2004年 『RX-8 ハイドロジェンRE』が大臣認定を取得し、公道走行を開始
2006年 『RX-8 ハイドロジェンRE』の国内リース販売開始(以後現在まで計8台を納車)
2007年 ノルウェーの国家プロジェクト『HyNor』と『RX-8 ハイドロジェンRE』の納入に合意
2008年 ノルウェーにて『RX-8 ハイドロジェンRE』モニター車の公道走行を開始
2009年 『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』リース販売開始

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA