eco検定(エコ検定)合格対策セミナー・エコ実践塾コンソーシアム・過去問対策も充実

コラムの最近のブログ記事

  eco検定の講座などでの反応をみていますと、福島原発事故に対し、一般の人々の危機意識が薄いように思えます。きちんとした報道をしないテレビの責任は重いと思いますが、それにしてもなぜ、これほど平静でいられるのでしょうか。それともあきらめているのでしょうか。放射能に弱いのは妊婦や成長期の子供です。できる限りの対策が必要です。
 福島原発の問題は国会での証言で「国会はなにをしているのか」と訴えた、東大の児玉教授がもっとも正確にとらえていると思われます。恐れるべきは排出された放射性物質の量です。放射線量で広島型原発の20個分。これが静岡のお茶まで汚染したということです。首都圏を含め広範囲にばらまかれました。
 しかも、広島の原爆は放射性セシウムの量が1年で1000分の1に減りましたが、福島原発では10分の1にしかならない。ばらまかれた放射性物質は大気、水、土、そして農水産物として広範囲に広がり続ける。水産物の場合は食物連鎖を通じて生物濃縮を起こす可能性もある。
 東京に住んでいると不安なのは水です。都心部は江戸川の取水口から上水道を取水しています。江戸川の上流は利根川。上流の栃木、群馬の山地には大量の放射性物質が滞留しているといわれています。雨がふれば、流れ込むでしょう。
 原発事故直後、ご近所さんも含め多くの外国人は日本を脱出した。正しい選択でした。メルトダウンはしていない言い続けた当時の枝野官房長官らのいい加減な情報にだまされ、我々は逃げることさえできませんでした。3月15日の雨で被爆した人は少なからずいることでしょう。
 ある程度、濃度は薄まってはいますが、放射性物質の危険性は変わりません。特に、成長期の子供はDNAに影響を受けやすい。汚染した農産物などを食べ続ければ放射性物質が蓄積し、チェルノブイリ同様、ガンになる可能性が高まります。
 政府はウソはついていないかも知れませんが、情報を隠しています。真実が伝わらないから我々も平静でいられるのかも知れません。児玉教授がいうように放射線を測定して危ない場所には子供を近づかせない、汚染された場所が特定できるなら除染作業を進める必要があります。
 風評被害といいますが、正確な情報も伝えず、安心して食べて大丈夫といわれても信頼はできません。安心というなら国会の議員会館の食堂、霞ヶ関の職員食堂で使う食材はすべて原発周辺地域で生産されたものにしてください。できますか。

エコキャンパスレポート

 

文科系の環境学部で就職内定率は9割

127.jpg 就職氷河期といわれるが、就職内定率90.2%(2010年3月卒業生)という驚異的な実績をあげているのが福岡工業大学社会環境学部だ。博多から北九州にかけての鹿児島本線沿線には各種大学が集まる。福岡工業大学は博多から電車で15分程度、大学の名が駅名となっているのでわかりやすい。駅からでると緑あふれる大学のキャンパスにつながっている。

 工業大学だが、社会環境学部は「文科系」の学部なのである。環境を軸にしながら、「社会が何を必要としているのかをゼロから考えてもらい、実践的な学習を通じて環境人間力をもった人材を育成する」と社会環境学科学科長の阿山光利教授(=写真)。学部のキーワードは「環境人間力」。世界的に広がる環境問題に対し、企業や自治体などで意欲的に環境保全に取り組める「環境人間力」が求められているとし、体系的な学習を通じて「知識」を「知恵」として生かせる人材を育成する。

社会とのつながり、体験を重視した教育

 この学部のユニークな教育体系は教員の紹介ページをみるとすぐに理解できる。教員の担当が「環境+○○」と表示される。○○は経済、法律、経営、政策、など幅広い。学習のまんなかにあるのが「環 img_manabi2.png境」であり、環境を軸に総合的に幅広い分野を学習するのである(左図参照、同学部のホームページより)。

 それだけではない。「環境を通じて社会や企業とのつながりを持つ活動も重要」と環境経済学が専門の鄭雨宗准教授。福岡工大はいち早く環境マネジメントの国際規格であるISO14001を取得し、学生も参加する形で、学内で環境保全活動を展開している。学外でのISO14001の成果発表会への参加などを通じて企業や社会の動きを実践的に学習している。

 2006年には環境保全活動の一環として、学内にビオトープをつくった。学生による「ビオトープ研究会」が中心となって整備した学内の「自然環境」には多様な野生生物が集まるようになり、学習の場としても利用されている。ビオトープは外部にも公開しており、年に4回、地域住民も参加する自然観察会を実施している。

モチベーションの向上にeco検定取得を推奨

 環境問題を通じて、いろいろな体験を積ませる。将来の道を模索している学生は環境を軸にした体系的な学習といろいろな体験を通じて、自ら進むべき方向を考えていく。「基礎学力を持っていれば時代の変化にも柔軟に対応できる」と阿山学科長。

 121.jpg 学生のモチベーションを高めるために、最近、力を入れているのが東京商工会議所が主催している環境社会検定(eco検定)の取得だ。担当の鄭雨宗准教授(=写真)は「エコ検定の合格で学生に自信を持たせ、とにかく一歩踏み出して欲しい」とeco検定を大学のプログラムに取り入れた理由を説明する。eco検定合格を機に、NPO活動に参加するのもよし、ベンチャー企業で働くもよし。エコ検定をきっかけに前に進んで欲しいという。学年に関係なく、受験を推奨しており、合格したら受験料は学生に返すといったインセンティブも与えている。

 環境を軸にし、常に社会とのつながりを意識した実践的な教育が高い就職率につながっているようだ。もっとも学生の就職先は環境関連の企業というわけではない。アパレル、電力、大手家電メーカー、警察官など幅広い。社会環境学部での環境の総合学習は企業や役所など職種・職業にかかわらず生きることだろう。

 伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、ノルウェーの電気自動車専業メーカーTHINK Holdings AS(本社:ノルウェー・オスロ、代表:Richard Canny、以下「THINK社」)と資本及び業務提携に関する契約を締結しました。これにより、伊藤忠商事は、THINK社に出資するとともに、同社が設計・製造した電気自動車及びドライブシステム(*)の日本を含むアジア市場における販売権を獲得します。

 THINK社は1991年より電気自動車の開発・製造に携わり、2009年に電気自動車メーカーとして初めて欧州の型式認定を取得しました。欧州・北米を中心に既に9,000台以上の生産・販売実績があり、2011年からは米国インディアナ州に新たな生産拠点を設け、2012年には全世界で年間22千台の販売を計画しています。また、同社は電気自動車のドライブシステムを外販している世界でも数少ないメーカーでもあります。尚、THINK社は、伊藤忠商事が出資している米国Ener1社の100%子会社である EnerDel社のリチウムイオン電池システムを採用しています。Ener1社は、THINK社の筆頭株主でもあります。

 伊藤忠商事は、今回の資本・業務提携を通じて、アジア市場における以下の販売権を獲得するとともに、アジア以外の市場でも、THINK社の戦略的パートナーとして積極的な販売支援を行います。

 (1)THINK社が開発・設計・製造する電気自動車の日本市場での独占販売権、日本以外のアジア市場での優先販売権
 (2)THINK社が開発・設計・製造する電気自動車のドライブシステムの日本市場での独占販売権、日本以外のアジア市場での優先販売権

 伊藤忠商事は、2010年5月よりつくば市で行っている「Green Crossover Project(クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト)」において、電気自動車(ベース車両:マツダ・デミオ)にTHINK社製ドライブシステムとEnerDel社製リチウムイオン電池を搭載しています。今後、大きな需要が見込める国内外の電気自動車市場において、THINK社製ドライブシステムとEnerDel社製リチウムイオン電池のパッケージ提案も始めます。また、THINK社が電気自動車専業メーカーとして蓄積してきた技術とノウハウを最大限に活かすべく、自動車メーカー等との提携にも積極的に関与していきます。

 伊藤忠商事は、リチウムイオン電池分野で以下の取組を推進してきました。

●資源(リチウム化合物):リチウム資源開発会社であるシンボルマイニング社へ出資し、現在の世界生産能力である約123,000トンの50%に相当する年産64,000トン(炭酸リチウム換算)の生産が将来的に可能。
●部材(正極材):戸田工業株式会社との北米正極材工場建設により、2015年までに電気自動車換算で年産80,000台相当の正極材を生産。更には、同社と共同で、正極材製造分野で中国トップクラスである湖南杉杉新材料有限公司へ出資することに合意。
●部材(負極材):株式会社クレハ及びEnerDel社と負極材製造プラントの設計業務を開始することに合意。
●製品:大手車載用リチウムイオン電池メーカーであるEnerDel社を100%子会社にもつEner1社に出資するとともに、EnerDel社リチウムイオン電池の世界における優先販売権を獲得。

 今回のTHINK社への出資を通じて、リチウムイオン電池事業におけるバリューチェーンの更なる強化をはかるとともに、つくば市における実証プロジェクトをモデルケースとして活用した車載リチウムイオン電池の二次利用ビジネスモデル等、新規事業の創出に向けた取組を加速させていきます。


* ドライブシステム 電気自動車の駆動に必要な基幹部品である、モーター、バッテリーマネジメントユニット、インバーターの総称。蓄電池に蓄積された電力をコントロールし、動力に変換する役割を持つ。

 

 米のシーシェパードという環境団体は勇ましい。「艦隊」をそろえ、日本の調査捕鯨船団を敵艦隊として迎え撃つ正義の戦士のようにみせつける。悪者にされている日本人としてはなんともこそばゆいような恥ずかしいような感じがする。子どもじみた行動ではあるが、自然保護、環境問題が世界の関心を集めているなかではこちらの分が悪い。

 赤松農相はシーシェパードの動きに対して、「予定通り調査捕鯨を行う」と発言。一歩も譲る気配をみせない。オーストラリア、ニュージーランド、オランダの3カ国が日本の対応に「失望」を表明したが、世界の世論は日本に批判的だ。

 調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所は数日前に鯨肉の売り渡し価格を大幅に値下げした。調査費用に充てる目的で、獲った鯨の肉を販売しているのだが、順調に捕獲が進んだので、値下げして鯨肉の消費を喚起するのだそうだ。

 日本は調査捕鯨から商業捕鯨への早期転換を目指している、と受け止められ、抗議活動も熱を帯びる。日本の調査捕鯨船団も南極海に「出撃」する。これを迎え撃つシーシェパードとの洋上での戦いが目に浮かぶ。

 あまり大きな話題にならなかったが先日、小沢環境相が中央環境審議会に地球温暖化対策税(環境税)の検討を指示した。年末の税制改正論議にのせる考えというが、1990年代から出ては消えの議論を繰り返してきた環境税が民主党政権で実現する可能性はあるのだろうか。

 そもそも環境税ってなんだろう。国民のコンセンサスを得るにはあまりにも漠然としており、導入は時期尚早という意見が少なくない。石油や石炭など化石燃料の利用に課税するというの以前、環境省が提出した案。ほかにも温暖化ガスの排出など環境に負荷をかける行為に対しては税の負担を大きくし、逆に環境対策に貢献すれば軽くするなどなど、いろいろなアプローチがある。

 誰が負担するのか。企業だけでなく家庭も対象になるのか。税が環境対策に効果があるとOECDも推奨、北欧やオランダはすでに導入しているというが、東京電力がまとめて払ってくれるのか、電気を利用した企業や家庭が使用量に応じて払うのかなどイメージがわかない。課税方法によっては貿易戦争にもつながりかねない。以前、欧州では環境対策に熱心でない国の輸入品に炭素税を課税するといった案も議論された。輸入品に税を課すのか、輸出品はどうするなどなど簡単には結論がだせない問題が山積している。

 あまり大きな話題にならなかったのは実現の可能性が低い、と考えられているためだろうか。鳩山首相のCO2排出量25%削減の国際公約を具体化するには、環境税の導入は避けられないようにも思うのだが。

misawa.jpg○「ゼロCO2・ゼロエネルギーモデル」の"CO2収支ゼロ"についての第三者認証を取得
○環境性能を追求した「ECOフォルム」と発電効率を高めた太陽光発電システムにより実現

 ミサワホーム株式会社(代表取締役社長 竹中宣雄)は、4月に発売した木質系戸建住宅SMART STYLE「ZERO」(ゼロCO2・ゼロエネルギーモデル)の年間のCO2排出量と排出削減量との収支がゼロになることについて、第三者審査機関である株式会社日本スマートエナジー(本社 東京都港区/代表取締役 吉田麻友美)から、本日付けで業界初の第三者認証を取得しました。

作者:路傍の石(石っころのつぶやき)さん

 公共のトイレやデパート、ショッピングセンターのトイレで(大きいほう)に入るとよく出くわす問題だが、その殆どが洋式である。

mamta.jpg 何が問題かと言うとそのまま便座に座るか否かという事である。これは結構私にとっては重要な問題で、誰か知らない人がどんな使い方をしたか判らない便座に座るのは気が引けてしまう。かといって座らずに用を足すのは(食事中の方、失礼!)そんな器用な真似は私には無理である。それにたまに飛沫が付いている時もある...。

 ではどうしてくれようか?

 選択肢は3つ?

①拭かず気にせずそのまま座って用を足す

②トイレットペーパーで拭いてから座って用を足す

③頑張って便座に触れないように中腰で用を足す

 う~ん...どれもイヤだ。

 そういえば最近はペーパーシートが用意されていたり、殺菌用のゼリーのディスペンサーが付いているトイレも増えて来た。でも肝心な急いでいる時に限ってシートが無かったり、殺菌用のゼリーが空っぽだったりする。

 困った。。。。。そうか!

 トイレットペーパーを便座に触れる部分だけに限定して少しだけ敷いてみよう。ちょっと勿体無いかもしれないけど、辺りに飛び散ったり不快な思いをしながら用を足すよりマシかも。勿論、座る前に汚れていれば拭いてから。

 まぁ、それでも冷たいのは仕方が無いのかな。四六時中便座を暖めているのは電気代が掛かるから。
 
 でも待てよ?この間実家(北海道)に帰った時、勿体無いと思って便座のヒーターを消して6時間後に寝ぼけたままうっかり座ってあまりの冷たさに飛び上がったんだった(笑)そうなるとやっぱり必要なのか?

 一番いいのは座る前にヒーターを付けてすぐ暖かくなればいいのだけれど。そんなことは可能なんだろうか??

 またまた話は変わるけど、(うちの奥様の)実家に帰ったときにトイレに入ったら、待ってましたとばかりに便座が『ガボッ!』と勢い良く開いて私を暖かく迎えてくれた。びっくりしてゆらゆらと揺れる蓋を見つめながら5秒くらい固まってしまったが何とか出るものは出た(失礼!)。う~ん、ここまでトイレも進化したのか...。センサーが私を感知して自動で口を開けるのだろうが、何だか生き物の口に座っているみたいな気持ちになるのは私だけだろうか...?

 最近テレビや新聞の広告で「エコ替え」という言葉をよく目にします。 パナソニックやトヨタなど大手がこぞって「エコな買い替え」をテーマにしたCMを出していますが、今年のエコなキーワードはこの「エコ替え」になりそうですね。

 いくら企業が商品のエコ度を宣伝しても、結局量販店で基準となるのは価格。二酸化炭素より購入費用の大幅な削減が家庭の大問題。「環境家計簿より我が家の家計簿じゃあっ!」です。

 大相撲なら、経済産業省がうっちゃりで環境省に土俵ぎわで逆転勝ち、みたいなもんでしょうか。 だったら現在の手持ちの商品がエコにふさわしくないと気づかせ、消費者の腰を上げさせようということなんでしょう。 買い換える余裕のない私には、「エコ買え」「エコ買え」と見えますが、、、。

 こんにちは!エコラムニストのカズです。今回からこのサイトのコラムを担当することとなりました。

 ここのところ、金融危機やら雇用不安やら暗い話題がいっぱいですが、たぶん「地球」さんや、「太陽」さんは、「何をおたおたしてんの~?」って感じで見てるんでしょうね。

iruka.jpg ビッグバンから宇宙ができて、太陽の周りを地球が回り始め、天の廃材、いや配剤で私たち動物や植物の元ができてすでに約40億年ですが、おそらくズーっとわたしたちの祖先は台風が来てはおたおたし、日照りがあってはおたおたして来たんでしょう。

 さまざまな科学が発達して「しあわせ」になった今日ですが、その「科学」のせいで地球や宇宙にご迷惑をかけてもいます。とりあえずは明日の株価や天気におたおたしながら、可能な限り「私たちが今できる環境活動」について、いろんな話題を提供していこうと思っています。よろしくお願いいたします!あれ、この原稿締め切りって昨日だったかな?おたおた、おたおた、、、。

 昨今、どこに行っても、何を見ても「エコ」の字が氾濫していますね。パソコンを使ってもエコ、トイレに行ってもエコ、息をしてもエコ、、、。なんか時々息がつまりそうになります。エコにかかわる仕事をしているというと、環境にやさしいとか、省エネですね、といわれますが、もともと「エコ」は「エコロジー」の略。日本語に訳すと「生態学」なんですね。要は生物と環境の関係を取り扱う学問なんですが、いつの間にか(特に日本では)、環境を大切にすること、とずいぶん広い解釈がされるようになりました。

 でも、これって微妙な問題も内在しているんです。たとえば、エコ、もしくはエコ活動で「しあわせ」を得るのは誰か?という問題があります。エコを推し進めるなら、生きとし生けるもの、たとえば動物や植物ですが、じゃあ、地球はいいのか?という話になりますし、地球を救おう!というのなら、おそらく「地球」さんは、「あんたらが一番やかましいわい!!」と言うことでしょう。鯨の捕獲にしても人間は食べたい人もいるでしょうが、同じ生態系を共有する「仲間」を食うんかいっ!という理屈もあります、、、。

 考えれば考えるほど、難しいことばですね、「エコ」って。

21世紀環境塾

東京商工会議所










ecocampus

携帯・関連サイト

KIGYOKA NeTにニュースを投稿

RSS