大和ハウス工業、ローソン向けにCO2削減モデルのリチウムイオン電池システム付きコンビニエンスストアを施工

daiwahouse.jpg 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)は、株式会社ローソン様が6月9日、愛媛県松山市にリニューアルオープンさせた次世代省CO2モデル事業に対応したリチウムイオン電池システム付き店舗「ローソン松山東石井六丁目店」を企画・施工しました。

 当社では2009年4月より、新規事業として環境エネルギー事業部を立ち上げ、LED照明や高効率反射板、エネルギーマネジメントシステムなどを販売してきました。
 そしてこのたび、当社が企画・施工した次世代型省CO2モデルに対応したリチウムイオン電池システム付きの店舗を、株式会社ローソン様の「松山東石井六丁目店」で採用いただきました。
 今回採用したリチウムイオン電池システムは、当社が出資しているエリーパワー株式会社製のリチウムイオン電池システムを採用しました。
 また、当店舗は国土交通省の「平成21年度(第1回)住宅・建築物省CO2推進モデル事業」マネジメント部門で採択された「コンビニエンスストア向け次世代型省CO2モデル事業」のリチウムイオン電池システム付きの第一号店舗となります。

1.リチウムイオン電池システム付きのコンビニエンスストア
   当社は、コンビニエンスストアにおいて、太陽光発電システム・LED照明、エネルギーマネジメントシステム、リチウムイオン電池システムを導入することで、建築物から発生するCO2を削減することができる「次世代型省CO2モデル店舗」を企画しました。   

   今回当社が企画・施工した「次世代型省CO2モデル店舗」は、国土交通省の「平成21年度(第1回)住宅・建築物省CO2推進モデル推進事業」マネジメント部門において、「コンビニエンスストア向け次世代型省CO2モデル事業」として採択されました。

   以来、この「次世代型省CO2モデル店舗」の導入に向けてコンビニエンスストア業界の各企業様に提案してきました。

   そしてこのたび、株式会社ローソン様が当事業に対応した店舗を「松山東石井六丁目店」で採用いただくことになり、当社が設計・施工を請負いました。

   この店舗では、太陽光発電システムで発電した電力を、店内のLED照明、冷蔵庫等に使用します。また、同時にリチウムイオン電池に蓄電して、効率よく電力を使用します。

   あわせて、当店舗は地震などの緊急災害時に「災害対応店舗」として、リチウムイオン電池で蓄電した電力を非常用の電源として1日間利用することができます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA