JSRと三菱商事、JSR四日市工場への大型天然ガス焚きコージェネレーション設備を設置

JSR423.jpg JSRと三菱商事は23日、JSR四日市工場(三重県四日市市川尻町)で、最新鋭・高効率の大型天然ガス焚きガスタービンコージェネレーション設備の運用を始めた。三菱商事が100%出資で設立した発電事業会社であるMCJエネルギーサービスが設備を建設し、JSRが運転業務・保守管理を行い、JSR四日市工場に電力と蒸気を供給する。

 JSR四日市工場では従来、石炭及び重油焚き蒸気ボイラーを用いた発電、蒸気供給を行なってきたが、今回の天然ガスを燃料とする新設コージェネを稼動させることで、重油焚きボイラーの使用を抑制、重油の使用を大幅に削減し、CO2排出量削減などの環境負荷を低減する。

 三菱商事は、エネルギー(電熱)調達のアウトソーシングという顧客ニーズを捉え、顧客毎にオンサイト発電事業会社を設立する形態でエネルギー供給事業を展開しており、今後も事業拡大に取り組む。

○設備概要
方  式: 乾式低NOx型ガスタービンを使用した排気助燃方式
型  式: ガスタービン;航空転用開放サイクル二軸型ガスタービン
排熱ボイラー;自然循環単胴形複圧式排熱ボイラー
台  数: 1基
定格出力: 21,900kW(大気温度5ºC)
蒸気量: 75t/h
効  率: 総合効率 80~90%
○設備稼働開始期間
2010年4月10日より商業運転開始
○システム構成図

JSRs423.jpg

 

 

 

 

 

 

▽エコキーサード
・コージェネレーション
 石油やガスなどの一次エネルギーから、動力と熱、あるいは電力と熱のように2種類以上の二次エネルギーを取り出すシステム。熱併給発電、熱電併給ともいう。原動機としてガスタービン、ガスエンジンやディーゼルエンジンを用いて動力や電力を得ると同時に、その排熱を利用して蒸気、温水や冷水を得ることができるため、システム全体としてのエネルギー効率は極めて高い。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA