eco検定(エコ検定)合格対策セミナー・エコ実践塾コンソーシアム・過去問対策も充実

eco検定重要用語集 { つ }

ツシマヤマネコ
ベンガルヤマネコの亜種で長崎県対馬にのみ生息。生息数は100頭前後で減少傾向にある。存続を脅かす主な要因として、生息適地減少、交通事故、イエネコによる病気感染、餌資源の競合などが指摘されている。1971年に国の天然記念物の指定、1994年に種の保存法による国内希少野生動植物種に指定されている。1995年に「ツシマヤマネコ保護増殖事業計画」が策定され、生息状況の把握・モニタリング、生息環境の維持・改善などが行なわれている。
21世紀環境塾

東京商工会議所










ecocampus

携帯・関連サイト

KIGYOKA NeTにニュースを投稿

RSS