NTT都市開発などカボチャ・ゴーヤで屋上緑化に取り組み

kabotya.jpg NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三ツ村 正規)と株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 章喜)は、2006年から毎年アーバンネット三田ビル(東京都港区三田3-10-1)の屋上において、サツマイモの水気耕栽培システム(グリーンポテト)による屋上緑化を行い、ヒートアイランド対策の効果を検証する共同実証実験を実施していますが、本年はこれに加え、新たにカボチャ・ゴーヤ・サツマイモの栽培実験を実施していますので、お知らせいたします。 (写真は社員参加のカボチャ・ゴーヤの苗植え)

1.背景と目的
   近年、地球規模の温暖化現象に加え、都市部におけるヒートアイランド現象が大きな環境問題として取り上げられており、早急な対策が求められています。都市部に緑を増やす屋上緑化はヒートアイランド対策として有効なものですが、NTT都市開発とNTTファシリティーズの取り組みは、食用植物(サツマイモ等)を採用していることが特徴です。両社ではこれらのヒートアイランド対策効果の検証を行うほか、NTT都市開発は手入れ、収穫作業を通じた社員間コミュニケ―ションの醸成、環境問題に対する意識向上を目指した環境教育等の場としての活用、NTTファシリティーズは主にヒートアイランド対策のソリューション開発も目的としています。

2.屋上緑化取り組みの概要
  (1) カボチャ・ゴーヤ・サツマイモの土耕栽培
■ 栽培方法
  土壌・肥料等をパック化したものに苗を入れ栽培する簡易な土耕方式です。
本方式は荷重が小さく、栽培管理が容易な緑化システムを目指し実験中のものです。
■ 栽培内容
  屋上緑化: サツマイモ96苗分(品種:パープルスイートロード)
カボチャ 39苗分(品種:日向、鹿ケ谷、甘ほく、ぼっちゃん)
 
  壁面*緑化:ゴーヤ 8苗分(品種:あばし、白ゴーヤ)
*屋上にある塔屋の壁面

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA