富士ゼロックス、タイのリサイクル拠点で99.8%の再資源化を達成

fuji706.jpg 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本 忠人、資本金200億円)が展開するアジア・パシフィック統合リサイクルシステムの拠点である、「Fuji Xerox Eco-Manufacturing Co.,Ltd.」(本社:タイ国チョンブリ県、社長:松井 克就)において、使用済み商品・消耗品などの再資源化率が2009年度に99.8%となり、「廃棄ゼロ」を達成(注1)しました。

 Fuji Xerox Eco-Manufacturingは2004年12月に稼動、アジア・パシフィック地域の計9ヵ国・地域(注2)から自社回収した複写機/プリンターなどの使用済商品やカートリッジを、鉄系、アルミ系、レンズ、ガラス、銅系など74カテゴリーに徹底的に分解・分別し再資源化しております。稼働から2010年3月までの間に約131,000台の使用済み商品を回収、約21,200トンの再生資源量を創出しました。

 このシステムは、次のような特徴を持っています。

 1.9ヵ国・地域の協力と信頼のもと、中間処理業者に委託することなく、企業の責任において使用済商品の国境を越えた回収、分解、有害物の無害化を行なう。
 2.再資源化率を確実に向上させ、限りなく「廃棄ゼロ」を目指す。
 3.量を確保することで生産性を高めるとともに、処理費用は各国販売会社が負担する国際公平分担を行なう。
 4.拠点国タイにとっては、国内の「廃棄物」を削減できるほか、新しい産業システムを創出するきっかけとなる。

 富士ゼロックスは1995年に業界で初めて再利用部品を導入した商品を日本市場に導入し、資源循環システムを本格稼動、2000年8月に日本で初めて、回収した使用済商品の「廃棄ゼロ」を実現いたしました。そしてさらにグローバル企業として、当社の販売/サービス地域であるアジア・パシフィックおよび中国の環境負荷低減に対しても責任があるという観点から、2004年12月にタイ、2008年1月に中国の蘇州(注3)を拠点として、日本と同じ品質のシステムを本格稼働いたしました。

 またFuji Xerox Eco-Manufacturingでは、タイ国政府の工業省工場局(DIW,Department of Industrial Works)の主導するCSR活動「DIW-CSR」の認証を受け、政府主導のもと社会貢献活動などにも積極的に参加しています。

 富士ゼロックスは、生産者の責任として「廃棄ゼロ」「汚染ゼロ」「不法投棄ゼロ」を目指す富士ゼロックスの3R(Reduce,Reuse,Recycle)の取り組みを継続し、今後も事業と環境との両立を実現する先進的なモデルである資源循環システムの活動をさらに強化推進していきます。

注1 富士ゼロックスでは「廃棄ゼロ」の定義を、単純埋め立てが0.5%(重量)以下としています。さらに、3カ月間連続で再資源化率99.5%以上の達成を条件にしています。
注2 オーストラリア、ニュージーランド、韓国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、香港、タイ。詳細は以下をご参照ください。
    http://www.fujixerox.co.jp/company/eco/cycle/newstyle/international/
注3 2008年1月に中国蘇州のリサイクル拠点、Fuji Xerox Eco-Manufacturing(Suzhou)を稼動しました。
    http://www.fujixerox.co.jp/company/news/release/2008/0115_recycle.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA