トヨタ、国内でのハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破 

puriusu904.jpg トヨタ自動車はハイブリッド車の国内での累計販売台数が、本年7月末までに100万7千台となり、100万台を突破したと発表した。トヨタは、1997年8月に国内でトヨタ初のハイブリッド車コースターハイブリッドEVを発売以来、ハイブリッド車の普及に力を入れてきた。今後、さらに普及を進め、2010年代できるだけ早い段階で、単年度で100万台を販売を目指している。
 
 ハイブリッド車の普及に弾みをつけたのは1997年12月の世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」の発売。その後もミニバン、SUV、さらにはFRセダンなど搭載車種を拡大。2009年には3代目となる「プリウス」に加え、レクサスブランドの「HS250h」とトヨタブランドの「SAI」のハイブリッド専用車2車種を発売するなど、ハイブリッド車の品ぞろえを充実させてきた。

 トヨタは国内では9車種のハイブリッド乗用車、3車種のハイブリッド商用車を販売している。海外では、8車種のハイブリッド乗用車を約80の国・地域で販売しており、国内・海外合わせた累計台数は268万台を突破したという。

 なお、7月末までに販売したハイブリッド車により、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、国内で約400万トン、国内・海外を合わせて約1500万トンの排出抑制効果があったとトヨタでは試算。地球温暖化の原因のひとつとされるCO2の削減に大きく寄与したとしている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA