キリン、「グループ生物多様性保全宣言」を策定、活動を強化

 キリンホールディングスは生物多様性に配慮した事業活動を強化するため、「キリングループ生物多様性保全宣言」を策定した。キリンではこれまでも、農地再生などによる持続可能な農業への支援、湿原での生態系保存や、一部の工場ではビオトープを設けて多様な種や生息地の保全を進め、環境教育の場としても公開するといった活動を展開してきた。今後は、「キリングループ生物多様性保全宣言」に基づき、従来の活動を継続しながら、グループ各社の活動に生物多様性保全の視点を加え、さらに取り組みを強化する。
 
 キリングループは「食と健康」を提供する企業グループとして環境問題に積極的に取り組んでおり、2009年8月にはCO2排出量削減の中長期目標を設定し、事業活動全ての領域でCO2排出量の削減を推進している。「グループ生物多様性保全宣言」もこうした環境貢献の一環。
▽「キリングループ生物多様性保全宣言」は以下の通り
 キリングループは、自然の恵みを原料に、自然の力と知恵を活用して事業活動を行っており、生物多様性の保全は重要な経営課題であると認識しています。将来に渡って「食と健康」の新たなよろこびを提供し続けるために、キリングループは、生物多様性保全のための様々な活動を積極的に行います。
■生物多様性に配慮した資源利用を推進します
世界中の人々が自然の恵みを持続的に享受できるように、生物多様性に配慮した資源の利用を事業活動全体において推進します。
■キリングループの持つ技術を活かします
「食と健康」の新たなよろこびを提供する企業として、事業活動を通じて保有する技術の応用により、生物多様性の持続可能な利用および保全に貢献します。
■ステークホルダーと連携して取り組みます
従来より取り組んでいる環境保全活動に生物多様性の視点を加え、お客様や地域のパートナーと連携し、生物多様性保全に継続して取り組みます。
■条約や法令に適切に対応します
生物多様性に係わる条約や法令を遵守し、生物多様性の恵みが世界中で活かせるように努力します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA