パナソニックが環境行動計画・数値目標を設定、工場ゼロエミッション化

 パナソニックは2018年までの環境行動計画「グリーンプラン2018」を策定した。創業100周年の2018年度を最終年度とし、具体的な数値目標を設定したのが特徴で、独自に定義する「CO2削減貢献量」を2005年度の基準値と比べて1億2000万トンとした。また、投入資源を減らして循環資源の活用を拡大し、投入資源の16%以上を再生資源にするほか、全拠点で廃棄物リサイクル率を99.5%以上にして工場廃棄物ゼロエミッション化をはかるとしている。

 

     キーワード

・ゼロエミッション

あらゆる廃棄物を原材料などとして有効活用し、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会システム。企業で取り組むところもあるが、基本は生産から消費、廃棄までの社会システムであり、特定企業の取り組みは狭義でのゼロエミッションとする考え方もある。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA