東北電力、八戸と仙台に同社初のメガソーラー発電所に着工

hachinohe.jpg 東北電力は、同社初のメガソーラー発電所となる八戸太陽光発電所(=写真はイメージ、出力1500kW)と仙台太陽光発電所(出力2000kW)の建設工事を着手したと発表しました。平成24年1月の営業運転開始を目指しています。

 八戸太陽光発電所については、八戸火力発電所(青森県八戸市)の構内に建設することとしており、3種類の太陽電池モジュール(多結晶シリコン、薄膜系シリコン、薄膜系化合物)を採用し、それぞれの発電電力量などのデータの蓄積、比較検討を行い、今後のメガソーラー開発計画に活用します。
 仙台太陽光発電所については、仙台火力発電所(宮城県七ヶ浜町)の構内に建設します。「特別名勝松島第二種保護地区」に立地することから、仙台火力発電所建屋と同様に、周辺の景観に配慮する設計にしています。
 東北電力は、地球環境問題への対応を重要な経営課題の一つとして位置づけ、低炭素社会実現に向けた取り組みの一環として、各地に、2020年度までに合計1万kW程度のメガソーラー発電所を建設する計画を進めています。

エコキーワード 【太陽光発電】

 太陽光を利用した発電方式。 太陽エネルギーの利用には、熱を利用する温水器のシステムと、太陽電池を使い、太陽光を電気に変換して利用する太陽光発電がある。太陽光発電は電力に変換することで、いろいろな形で利用でき、太陽光があれば場所を問わず発電できる利点がある。
 石炭・石油などの化石燃料の環境問題や、エネルギー源の多様化の必要からわが国は「新エネルギー」の開発に力を入れている。太陽光発電は再生可能な自然エネルギーであり、新エネルギー政策の柱として期待されている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA