南都銀行、「グリーンボンド」を購入・債権投資で地球温暖化対策に貢献

 南都銀行は、世界銀行(国際復興開発銀行)が新規に発行する「グリーンボンド」を購入したと発表しました。グリーンボンドは、地球温暖化の要因を取り除くこと、地球温暖化により引き起こされる諸問題に対処することを目的に開発途上国で実施される事業を支援するために発行される債券です。グリーンボンドで調達した資金は、代替エネルギーの導入、温室効果ガスの排出を軽減する新技術の開発支援、森林再生、河川流域管理、洪水対策など地球温暖化対策事業を支援するために活用されます。世界銀行は、これまで20億米ドル相当のグリーンボンドをユーロ市場において発行してきました。南都銀行は発行総額2000万米ドルのグリーンボンドを購入しました。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA