富士通、水素供給の集中管理システムを構築し実証事業を開始

suiso.gif 富士通は社会実証試験を通じて水素供給ビジネスの検証を行う水素供給・利用技術研究組合(東京都港区、HySUT)と共同で、水素ステーションにおける水素の在庫状況や充填情報、水素ステーションの稼働情報、燃料電池車両走行情報などの実証データをトータルに管理する「水素ステーション集中管理システム」を構築すると発表しました。

 水素を燃料とする燃料電池自動車は、低炭素社会構築に重要な役割を果たす次世代自動車として期待されていますが、普及には、水素を供給する水素ステーションなどのインフラ整備が不可欠。HySUTは、東京の杉並区と大田区、千葉県成田市に水素ステーションを開設し、本システムでの運用を行っています。

 また、HySUTは、水素社会構築の実現を目的とする経済産業省の「水素利用社会システム構築実証事業」の支援を受けて、水素を使った燃料電池自動車のインフラ整備に向けて実証試験を行う「水素ハイウェイプロジェクト」も担当。このプロジェクトでは、首都圏に3か所の水素ステーションを配置し、燃料電池バスや燃料電池自動車を高速道路で定期運行させるとともに、水素の安全かつ簡便な製造、輸送、貯蔵、利用について実証試験を行います。

 「水素ステーション集中管理システム」は、水素供給インフラにおける情報システム基盤で、燃料電池自動車への充てん、製造・調達・補充によりリアルタイムに増減する水素量を把握し、水素ステーションの稼働情報や燃料電池車両走行情報などの実証データをトータルに管理するものです。HySUTは、本システムの実証データをもとに、安定した水素供給のフローの確立と将来のビジネスモデルの検証を行います。

 富士通は、エネルギー業界のサービスステーションをはじめとする豊富なICT導入の実績と業務ノウハウをもとに、水素ステーションに設置したPCとセンターシステムをリアルタイム連携させることで、複雑かつ変化し続ける水素量を集中的に管理するシステムを実現しました。

■エコキーワード
・燃料電池自動車
動力源として水素と酸素を化学反応させて電気を発生させる燃料電池を搭載した電気自動車。エネルギー利用効率が高く、燃料として水素を使うので、排出されるのは水だけで、環境への負荷を大幅に低減できる。商品化に向けて研究開発が進んでいるが、課題のひとつとして燃料となる水素の供給、貯蔵、流通が指摘されている。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA