OKIデータ、福島事業所でCO2排出量を247トン削減

oki.jpg プリンティングソリューションのOKIデータ(社長:杉本晴重、本社:東京都港区)は、このたび、国内生産拠点である福島事業所(福島県福島市)の照明設備の省エネ対策などを実施し、使用する電力と燃料を減少させ247トンのCO2削減に成功しました。また、電力・燃料使用量の削減のほかパレットの再利用などの環境対策を進め、2008年度は、2007年度と比較して年間1,880万円の費用を削減しました。


   福島事業所では、国内向けにドットインパクトプリンタの上位機種の生産と、LEDプリンタ・複合機の国内市場向け最終調整を行なっています。徹底してムダを省いた最少人数によるセル生産方式など、少量多品種対応の生産体制を構築しています。
 今回福島事業所では、インバーター式蛍光灯への交換を促進したほか、照明設備に人感センサーシステムを導入し無駄な使用電力を抑制しました。また、弊社ではセル生産方式を採用していますが、各セルの位置と照明の位置を合わせることで、セル毎に装備されていた照明をなくしたほか、窓ガラスに断熱コーティングを施すなどの省エネ対策を実施し、使用電力全体の12%にあたる376MWhを削減しました。
 さらに、作業後の手洗い用にボイラーから供給している温水の温度を、冬時は8度下げ、夏時は3度上げることで、燃料の使用量を15%削減しました。このほか年間4,000枚のパレットの再利用することで、新規パレットの購入と使用済みパレットの廃棄を抑えました。また基板生産ラインでは、従来の基板製造装置の代わりに少量多品種の基板生産の効率化の為、小型・省エネ型の設備を導入することで納期短縮と電力削減を行ないました。
 今後もさらに効率化をすすめ、最小限の環境負荷とコストによる生産体制を構築していきます。また、今年度は欧州のREACH(リーチ)規制への本格対応にむけ、新システムの導入と、国内外の生産拠点におけるサプライヤ様向け説明会を実施し、体制構築をすすめていきます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA