ホンダ、新型燃料電池車「FCXクラリティ」を出光興産と岩谷産業に納車

honda903.jpg Hondaは3日、新型燃料電池車「FCXクラリティ」を出光興産株式会社(本社:東京 社長:中野 和久)、岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪 社長:牧野 明次)の2社に納車する。
 「FCXクラリティ」は昨年11月より国内でのリース販売を開始し、既に内閣府や環境省、帝都自動車交通株式会社にリース販売されている。

 「FCXクラリティ」は、燃料電池車専用として設計され、Honda独自開発の燃料電池スタック「V Flow FCスタック」を核に、燃料電池車だからこそできるデザイン、パッケージ、そして異次元のドライブフィールを実現。走行中にCO2を全く排出しない究極のクリーン性能だけでなく、クルマとしての新しい価値と魅力を提供している。
 なお、「FCXクラリティ」は、9月17日~19日にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催される「2009 IRL インディカー・シリーズ第16戦 ブリヂストン インディジャパン 300マイル(INDY JAPAN)」において、昨年に続きオフィシャルカーとして採用される。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA