シャープ製太陽電池を搭載した東海大学チームのソーラーカーが完成

sharp907.gif 世界最高水準の変換効率※1を誇るシャープ製太陽電池を搭載した東海大学チームのソーラーカーが完成しました。東海大学チームは、この車両で世界最大級のソーラーカーレース「グローバル・グリーン・チャレンジ」(2009年10月24日~31日)に参戦します。

「グローバル・グリーン・チャレンジ」のソーラーカー部門は、太陽光のみを動力源にオーストラリア大陸を縦断する、約3,000kmのレースです。ドライバーには、1997年のパリ・ダカール・ラリーで日本人として初めて総合優勝をなされた篠塚建次郎氏をはじめ、東海大学の学生や卒業生が起用されます。

 今回完成したソーラーカー「Tokai Challenger」には、世界最高水準のセル変換効率30%の宇宙用化合物太陽電池が搭載されています(出力1.8kW)。
 なお、当社は、日本で唯一、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に認定された太陽電池メーカーです。

 今後も当社は、現在主力である結晶太陽電池と薄膜太陽電池に加え、化合物太陽電池の技術開発を進めてまいります。

<グローバル・グリーン・チャレンジの概要>

開催日程: 2009年10月24日(土)~31日(土)
場所: オーストラリア ダーウィン~アデレード間 約3,000km
主催: South Australian Motor Sport Board(南オーストラリア州政府の付置機関)
URL: http://www.globalgreenchallenge.com.au/
tizu.gif 

<東海大学チームの概要>
チーム名は東海大学チャレンジセンターチーム。ソーラーカーの高効率走行の研究に取り組む木村英樹教授(工学部電気電子工学科)が指導するプロジェクトチームで、本大会の遠征メンバーは学生を中心とした計19名で構成。オーストラリアの砂漠地帯を縦断する「ワールド・ソーラー・チャレンジ」(2009年大会からは「グローバル・グリーン・チャレンジ」)に1993年、1996年、2001年の3回出場。2008年には、南アフリカ共和国をほぼ1周する約4,200kmの「サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ」に、篠塚建次郎氏をドライバーに迎えて参戦し、総合優勝を成し遂げた。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA