気象庁、エルニーニョ現象は春までで持続と発表

 気象庁が発表した12月のエルニーニョ監視速報で、エルニーニョ現象が発生しており、この春まで持続するとの予測を出した。太平洋赤道域の中央部から 東部にかけて、海面温度が平年より高くなっており、この状態は春まで続くが、春以降は基準値に近づくとみている。日本の気候への直接的な影響はでていないが、 インドシナ半島からインドネシアにかけての高温、米国南部の多雨がエルニーニョ現象時の傾向と一致していたという。

■ニュース・キーワード
・エルニーニョ現象
 東太平洋の赤道付近(日付変更線付近)からペルー沿岸にかけての広い海域で海水の温度が上昇する現象。エルニーニョ現象が発生すると、まずその海域の大気の温度に影響を及ぼし、それが気圧変化となって現れ大気の流れを変えて、さらに天候を変えるという形で世界中に波及する。日本ではエルニーニョ現象の発生時に冷夏や暖冬になりやすく、また夏と冬に多雨となる傾向がある。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA