東京ガス、マンションのバルコニーに設置する太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」を発売

gaikan.gif 東京ガスは、マンションなどの集合住宅向けに太陽熱を家庭のエネルギーとして利用する太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」を発売する。各住戸のバルコニーの手すり部分に太陽熱を集める装置を設置し、水を温めて家事やお風呂の給湯に利用する。標準的な3人家族の家庭での給湯使用量の約16%を太陽熱でまかなうことができるという。また、潜熱回収型高効率給湯器「エコジョーズ」(これまで捨てていた熱を効率的に回収、給湯効率を従来の80%から95%まで向上した高効率給湯器)の効果と合わせ、従来給湯器と比べて年間のガス消費量およびCO2排出量を約29%を削減できると試算している。(写真はてすりに設置する集熱部の外観)

■集合住宅用太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」の主な特長
(1)太陽熱をガス給湯器と組み合わせることでいつでも快適にお湯利用
 太陽熱の集熱量は天気等によって変動しますが、熱が足りない場合は瞬間的にお湯をつくることができるガス給湯器が補うことで、太陽熱を優先的に利用しながら、いつでも快適にお湯をお使いいただくことができます。
 また、運転スイッチを「切」にすると、ガスを使用することなく、太陽熱で温めたお湯をそのまま使うことができます。食器洗い等、ぬるめのお湯(※)を利用する際に便利です。
※ 貯湯タンクのお湯の温度が32℃を超える場合は水と混合して32℃のお湯を給湯します。

(2)集合住宅の外観に調和したスタイリッシュな集熱パネル
 本システムの集熱パネルは、垂直に設置することでバルコニーのガラス手すりと一体感のあるスタイリッシュなデザインを実現しており、集合住宅の外観に調和します。
 給湯のための熱需要は冬季に大きくなりますが、垂直に設置した集熱パネルでは太陽高度が低い冬ほど集熱量が増加するという特長があります。

systemuzu.gif(3)太陽熱利用によるCO2削減量を一目で確認できるタッチパネル式リモコン
 リモコンのトップ画面に利用開始後の太陽熱利用による累積CO2削減量を表示しており、環境貢献度を一目で確認できます。また、太陽熱を集熱しているときには、リモコンの画面に太陽のマークが現れますので、太陽エネルギーを利用していることが実感できます。

■システム概要
 太陽エネルギーを集熱パネルで熱媒(※)に吸収し、その熱媒を集熱循環ポンプで循環させて貯湯タンク内の水を温めます。集熱量が足りないときには、潜熱回収型高効率給湯器「エコジョーズ」で加熱をします。また、集熱循環ポンプの駆動のために太陽電池を装備しているため、天気がよいときに自動的に太陽エネルギーを集める仕組みになっています。

※ 熱媒:熱を間接的に伝えるための媒体。本システムは熱媒に不凍液を使用しています。

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA