コスモ石油、有力風力発電会社を傘下に

 コスモ石油は風力発電事業へ本格適に参入することを決め、荏原製作所の子会社の風力発電会社、エコ・パワーのほぼ全株式を取得することで合意した。コスモは山形県で風力発電事業を手がけているが、風力発電では屈指の規模を誇るエコ・パワーを傘下に加え、風力発電事業を推進する。

 エコ・パワーは東北・北海道を中心に発電サイト数で25、設備基数は130基を保有、総発電能力は14万7000キロワット。しかし、事業的には赤字が続いており、荏原はエネルギーの専門企業であるコスモに事業を託すことにした。荏原は譲渡に伴い74億7000万円の特別損失を計上する見込みという。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA