エコ検定対策の携帯サイト「エコ実践塾」、3キャリアの公式サイトに

 ニューズ・メディア(本社東京都文京区、代表取締役社長半田裕之)とつながりのデザイン研究所(本社東京都中央区、代表取締役社長鴇田一夫)がエコ検定(正式名称:環境社会検定試験、主催:東京商工会議所)の受験者を対象に提供する「エコ実践塾」(http://econavi.jp)が14日、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯3キャリア共通の公式サイトとなりました。

 エコ実践塾はゲームの要素を取り入れ、エコ検定受験者やエコに関心を持つ皆さんがエコに関する知識を楽しく習得できる携帯サイトです。クイズ形式の問題に答えるとポイントがたまり、ポイントとともに「マイページ」の木もどんどん成長します。一定のポイントに達するとユーザーに代わって、NPO法人が植林をします。エコ検定に必要な知識を楽しく習得して、環境にも少し役立てます。

 エコ実践塾の構築、運用にあたってはエコ検定の関係機関や関係者の皆様のご協力を得ております。問題の作成は東商のエコ検定公式テキストの委員が担当、東商のご協力を得て、過去4回の検定試験問題を収録しています。このほか、エコ関連のニュース・新製品、ユーザーの意見交換の場となる「エコフォーラム」、来年4月に開催される横浜開港150周年記念イベントの総合プロデューサーである小川巧記氏が著名人のエコ活動を紹介する「エコ長屋」など豊富なコンテンツを提供します(詳細は別紙参照)。

■エコ実践塾の構築、運営に当たっては検定関係者も参加する「エコ実践塾運営コンソーシアム」を設立、各方面のご協力を得ました。メンバーは下記の通りです。
・川瀬健介氏 生活・福祉環境づくり21(東京商工会議所のNPO法人)常務理事 
・澤登信子氏 ライフカルチャーセンター代表 
・小川巧記氏 横浜開港150周年記念イベント総合プロデューサー 
・半田裕之  ニューズ・メディア社長 
・ 事務局長 鴇田一夫 つながりのデザイン研究所社長 

■「エコ実践塾」(URL:http://econavi.jp/)のアクセス方法は
 
QR_Code.jpgNTTドコモ: iメニュー⇒メニューリスト⇒辞書/学習/便利ツール⇒資格/学習
ソフトバンクモバイル:メニューリスト⇒働く・住む・学ぶ⇒学ぶ
KDDI(au): カテゴリ(メニューリスト)⇒生活情報⇒仕事・学習⇒仕事・資格
■ 料金は月額315円(消費税込み)です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA