中部電力、御前崎風力発電所の営業運転を開始

 中部電力は19日、静岡県御前崎市に建設を進めてきた同社初の事業用風力発電所である「御前崎風力発電所」の1期工事が完成し、風車3基が営業運転を開始したと発表した。 風車3基が運転開始したことによるCO2削減量は、年間約7,700トンと見込んでいる。 同発電所の2期工事として、11月にはさらに8基をを完成し、運転を開始する予定。同社の取り組んでいる新エネルギー開発の一環で、今後も風力発電や太陽光発電に取り組んでいく方針という。

 
tyuubu219.gif

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA