住友商事、英ベンチャーと低コスト化を実現した燃料電池モジュールを公開・白金触媒を大幅に削減

 住友商事は英国ベンチャー企業ACALエネルギー社とともに白金触媒を大幅に削減し低コスト化を実現した「FC Engine」と名付けた燃料電池モジュールの試作機を3月3日(水)から東京ビッグサイト(江東区有明)で開催される第6回国際水素・燃料電池展(FC EXPO 2010)で初公開する。

 住友商事ではACALエネルギーの燃料電池はPEFC(固体高分子膜燃料電池)の進化形と説明している。 従来のPEFCでは、高分子膜の正極・負極両側に高価な白金の触媒が使われ、PEFCの高コスト化の要因となっていた。ACALエネルギーは特許技術により、正極側に白金触媒をまったく使わず、より安価な化合物に置き換えることに成功したという。負極側でも従来型に比べ、白金の使用量を最大90%削減できる見込みとしている。

 「FC Engine」は1kWから100kWまでの市場をターゲットに開発を進めており、2年以内に実用化・商業化する考え。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA