東芝ライテック、一般白熱電球の製造を中止・年間約43万tのCO2を削減

white_lamp.jpg 東芝ライテックは、CO2排出量の削減に貢献するため、東芝発祥事業の一つとして120年間にわたり継続してきた一般白熱電球の製造を17日に中止すると発表した。この取り組みにより年間約43万t(2008年比)のCO2削減に貢献できるものと試算している。

 東芝は創業者のひとりである藤岡市助氏が1890年に日本初の白熱電球を製造会社「白熱舎」を設立し、日産10個程度でスタートした。その後東芝の白熱電球事業は1973年には年間生産量7800万個にまで拡大し、累計40億7千万個を生産した。一方で、オイルショックを契機に、電球形蛍光ランプの開発など白熱電球からの置き換えを進めるための製品開発も進めてきた。

 東芝は一般白熱電球103機種を鹿沼工場で製造していいたが、温暖化効果ガスの削減の動きに対応して、これを中止することにした。 ミニクリプトン電球やハロゲンランプ、反射形電球など、現在のLED電球や電球形蛍光ランプに置き換えることが難しい特殊電球については当面製造を継続する予定という。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA