トヨタ自動車、米電気自動車ベンチャーと資本業務提携

 トヨタ自動車は21日、米国の電気自動車ベンチャーのテスラ・モーターズ(カリフォルニア州パロアルト)と提携し、電気自動車の共同開発で資本・業務提携すると発表した。トヨタがテラス社に総額5000万ドルを出資し、電気自動車を共同開発し、米国内で生産する。具体的な内容は今後、両社で検討する。

 テスラは、米国で唯一高速道路での走行に対応した電気自動車、「ロードスター」を生産・販売している。「ロードスター」は、極めて俊敏な加速性能とともに、環境汚染物質の排出はゼロという。これまでに北米、欧州、アジアにおいて1,000台以上を販売した実績がある。徹底的なコスト削減を通じて、手頃な価格での電気自動車の提供を目指している。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA