日産自動車、「エコ運転診断」機能を開発

panasonic531.jpg 日産自動車は31日、ドライバーの運転行動を分析し、走行モード別にエコドライブ(環境にやさしい運転)レベルを得点化する「エコ運転診断」機能を世界で初めて開発したと発表した。同日よりディーラーオプションとして発売する日産オリジナルナビゲーションシステム全5機種に採用し、国内におけるエコドライブの本格的な普及促進を図る。

 今回開発した、「エコ運転診断」機能の判定アルゴリズムには、同社が独自に開発した燃費理論モデルを採用している。ドライバーの実走行に基づく理論燃費と同社テストドライバーの理想燃費を比較し、ドライバーのエコドライブ達成度を得点で評価できるようになった。この結果、車種や走行環境の異なるドライバー同士が公平に得点を競い合うことが可能になる。走行時のドライバーの運転行動を得点化する仕組みは世界初となる。

 同社は、カーナビ向け情報サービス「カーウイングス」において、燃費などの走行記録に基づいて、ドライバー個々のエコドライブをサポートする「愛車カルテ」や、情報チャンネル「あなたもエコドライブ」を既に開始している。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA