三菱自動車、自動車リサイクル法に基づく2009年度の再資源化の状況を発表

 三菱自動車は、自動車リサイクル法(正式名称「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)に基づき、2009年度(2009年4月~2010年3月)における自動車シュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の再資源化などの実施状況を発表した。

 2009年度の実施状況の概要としては、ASRの引き取り量は34万2560台分(5万8713トン)で、4万6,815トンを再資源化した結果、再資源化率は79.7%となり、2015年度の法定基準値(70%)を達成した。エアバッグ類は12万1496台分(26万7028個)を引き取り、再資源化率は94.1%で、法定基準値(85%)を達成した。フロン類の引き取り量は27万6631台分(8万3648kg)となり、適正に処理した。

 また、これら特定3品目の再資源化等に要した費用総額は27億9857万9592円で、資金管理法人(財団法人 自動車リサイクル促進センター)から払い渡しを受けた預託金総額は28億1751万4668円、全体収支は1893万5076円の黒字となった。なお、累計収支(2004~2009年度)は2億3399万9096円の赤字となっており、中長期的に全体収支のバランスがとれるよう今後も取り組んでいく。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA