ブリヂストン、低燃費タイヤ「ECOPIA EP100S」を発売

brigestone607.jpg ブリヂストンは7日、環境タイヤ「ECOPIA」ブランドの新商品「ECOPIA EP100S」を2010年6月25日から発売すると発表した。「ECOPIA EP100S」は、「低燃費タイヤ等の普及促進に関する表示ガイドライン(ラベリング制度)」で、転がり抵抗性能で最高グレードの「AAA」に位置する低燃費タイヤという。発売サイズは、185/65R15 88Hと195/65R15 91Hの2サイズで価格はオープン。

 「ラベリング制度」はこの1月に運用が始まり、タイヤの環境性能をあらわす転がり抵抗性能と安全性能であるウェットグリップ性能について、ユーザーが同じ尺度で商品を選択できるようにした。転がり抵抗性能の最高グレード「AAA」を有した「ECOPIA EP100S」を業界に先駆け発売し、ユーザーを開拓する。

■「ECOPIA EP100S」の特徴
 1.「よく転がる」:従来品「B’STYLE EX(ビースタイル イーエックス)」対比
  転がり抵抗を39%低減(転がり抵抗性能グレード「AAA」)
 2.「よく止まる」:従来品「B’STYLE EX(ビースタイル イーエックス)」同等のウェットブレーキ性能を確保(ウェットグリップ性能グレード「c」)
 3.「ライフにも配慮」:転がり抵抗の低減と相反する摩耗ライフにも配慮

 タイヤのライフサイクルにおけるCO2排出量の約9割は、その使用段階で車両の排気ガスとして排出されるものです。当社は、タイヤの転がり抵抗をさらに低減し、車の燃費を向上することによりCO2排出削減に大きく貢献したいと考えています。

※ラベリング制度の詳細な仕組みについては、(社)日本自動車タイヤ協会のホームページ(http://www.jatma.or.jp/labeling/)をご覧ください。グレーディングシステムに関する詳細なデータはタイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA