米国で進む自然エネルギー電力の購入

米国では環境問題に積極的に取り組む地域、企業が再生可能エネルギーへの転換を急ピッチで進めている。カリフォルニア州やニューヨーク州のように、2030年までに電力の50%を自然エネルギーでまかなうという高い目標を掲げ、太陽光発電や風力発電の導入を積極的に進めている。カリフォルニア州では2016年に供給した電力のうち35%を自然エネルギーが占めた。
 Google、Appleといった大手企業が再生可能エネルギーにシフトしており、再生可能エネルギーの普及により、発電コストも下がってきた。
 本レポートは米国再生可能エネルギーの最前線の動きをコンパクトにわかりやすくまとめており、参考になる。
 出典 自然エネルギー財団 http://www.renewable-ei.org/column/column_20171017.php

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA